お金を借りるなら銀行系カードローン

普段生活をしていて、事故や入院、冠婚葬祭など思いがけないことで急にお金を用意しなければならないことに出くわします。

けれどお金がない、そんな時は何とかしてお金を借りなければなりません。

すぐにお金を借りる場合、カード会社や消費者金融が思い当たることでしょう。

その中で選ばなければならないのなら、銀行系のカードローン会社にすることがお勧めです。

銀行系カードローンは、銀行の本体あるいはグループのカード会社がお金を貸してくれる仕組みのことです。

銀行から住宅ローンや教育ローンなど目的のあるローンをする場合は保証人を必要とします。

しかし銀行系カードローンは、使い道が自由な代わりに金利が若干高く設定されます。

その代わりに保証人を必要としないので、とても借りやすく、しかも自由に使いやすくなります。

返済に関しては、お金に余裕のある時にまとまった返済をすることも可能ですし、毎月少しずつ返済することもできるので、無理のない返済が可能となってきます。

どうしても、お金を借りるということに対する不安は拭いきれないという方も多いでしょう。

やはり本来ならなるべくのことお金を借りるということは避けたいところです。

しかし、急にお金を必要とするときはやむを得ないことですし、お金を借りる前にきちんと返済計画を立てて期日までに返済をすれば、とても便利なものになります。

銀行系カードローンは信用がおけますし、速やかな対応をしてくれるでしょう。

銀行系カードローン

学生でもカードローンを利用できる

大学生になると、高校生以上に付き合いの幅が広がります。

サークルなどに参加をすると、勉学以外にもお金がかかるようになります。

サークルに出るために、アルバイトに励む学生もたくさんいます。

しかし、サークルのイベントや飲み会が急きょ入ってしまってお金がなく、困ったという大学生もいる事でしょう。

そういう時にはために、学生ローンというものがあります。

大学1年生ではまだ、18歳の人もいてローンを組めないと思っている学生もいるでしょう。

学生ローンの場合には18歳でも借りる事はできるのです。

しかし、こちらのローンは、大学生や短大生などで、アルバイトなどで一定の収入を得ている人に限られています。

一部、学生なら誰でも借りれるローンもあります。

そして、カードローンを使った事は、親を初め、誰にも知られる心配もないのです。

それではここから、ローンの借り方を説明します。

まず、借りたい会社を選びます。

会社を選んだら、その店舗またはATM、スマートフォンやインターネット上から申し込みをします。

今回は気軽に申し込みができる、スマートフォンからの申し込みをします。

スマートフォンでサイトを検索し、申し込みフォームをクリックします。

申し込みフォームの内容に沿って入力をします。

入力が終わりましたら、審査が始まります。

審査も、比較的早い所が多いです。

審査が無事通りましたら、融資を受ける事ができます。

しかし、こちらのローンの場合、借りられる金額は少なめです。

そして、18歳以上なら誰でも借りれるわけではありません。

高校3年生には18歳になる人もいますが、高校生の場合にはローンを借りる事はできないのでご注意下さい。

レディースローンをランキング比較※女性向けカードローンのご紹介

学生ローンを利用するには

大学生、短大生、専門学生などの学生を対象に融資を行うカードローンが学生ローンです。

消費者金融が提供しており、高校生を不可とした18歳以上を対象に融資を行っています。

では、どのようにして学生ローンを利用するのでしょうか。

まず、18歳以上という年齢を満たしており学生であること、その上で継続的な収入を得ていることが申し込みの条件です。

収入に関してはアルバイトで構いませんが、最低でも半年は同じバイト先に勤続していることが求められるでしょう。

また、身分証明書の提出も必要です。

身分証明書は、学生証と銀行のキャッシュカード、そして運転免許証、保険証、パスポート、住民票のいずれか1点です。

本籍と現住所が異なる場合は自宅に届いた公共料金の明細書など、現住所を証明する書類も用意しておく必要があります。

20歳未満の未成年学生の場合は、原則として保護者の同意書も求められます。

中には保護者の同意は必要ないとしている業者もありますが、大手の学生ローンでは必ずと言っていいほど保護者の同意を求めてくるので、それありきで考えた方がいいでしょう。

また、安全性を考慮しても大手を利用することをおすすめします。

学校を卒業後も、これまでの利用状況に大きな問題がなければ継続して利用することが可能です。

その際は、学生向けのカードローンではなく、社会人が利用する一般的なカードローンに切り替わります。

良くも悪くもお金の価値観が形成されやすい年代なので、正しく利用していきましょう。