お金を借りるなら銀行系カードローン

自営業と消費者金融について

「自営業者の自分は審査に通りにくいから消費者金融でお金を借りることはできないのではないか?」と以前は考えておりました。

一度も利用したことがない人もいらっしゃるかもしれませんが、消費者金融とは個人への金銭の貸し付けを行う業者のことを指しております。
「消費者金融はヤミ金と一緒だから手を出さない方が良い」というイメージを持っている方は多いはずです。

確かに、私も同じように考えていてなるべく利用しないようにと意識していたものの、消費者金融が法律に則ってお金を個人に貸しているのに対してヤミ金は法律を無視しているので大きく異なります。

テレビのコマーシャルで宣伝しているような大手の消費者金融ならば安心ですし、計画性を持って借りていれば特に問題はありません。
自営業はサラリーマンのように収入が安定せず、急な出費で手が回らなくなることがあるため、消費者金融の存在はありがたいのです。

お金を借り入れるに当たり、クレジットカードのキャッシングを考える方は実に多いのではないでしょうか。

私も最初はこの方法で自営業で行っている事業の資金繰りをしたかったのですが、審査が直ぐに下りず時間がかかるというデメリットがあります。
しかも、カードローンは審査がどこも厳しく、一定の収入を得られない自営業者や個人事業主にとって不利なのです。

その点、消費者金融ならば申し込み書類を書き始めて1時間くらいで審査がおりますし、一定の年数以上続けていれば自営業者でも審査は十分に通ります。

カードローンでは年収や勤続年数、雇用形態や住居環境といった様々な審査基準があり、年収がいくら高くても審査に通らないと嘆いている中小企業や自営業者は多いのです。
もちろん、消費者金融でも審査が甘いというわけではありませんし、事業を始めてから1年から2年程度しか経っていないのならば厳しいかもしれません。

それでも、大きな収入を得られていない私でも借り入れることができたので、消費者金融に相談してみる価値は十分にあります。

現在では消費者金融もインターネット上で手続きができるようになり、「本当に便利な時代になったな~」と改めて感じました。
しかし、消費者金融にしてもカードローンにしても、事前に返済計画を立てなければならず、自己管理が苦手な方は十分に注意しなければなりません。

借りたら借りっぱなしというのは通用しませんし、返済期間が長くなればなるほど利息の影響でトータルで支払う費用は高くなります。

自営業者に限った話ではなく普通のサラリーマンにも該当しますが、自分に無理のない程度で借り入れを行ってください。